店舗集客に活用したいSNS!コツやポイントについてご紹介

サイトマップ

店舗集客に活用したいSNS!コツやポイントについてご紹介

実店舗への集客の前にHPの閲覧数を増やすのが大切

スマホで撮影をする

インターネットをみて店舗の情報を得る事が当たり前な時代となりました。それにより、気軽に店舗に飛び込む前に、「まずはネットで調べてから」とお客さんが慎重になったと言えるかもしれません。良いお店を作れば、自然と口コミが広まり集客できる、これも「自然と口コミが広まり」と言う部分がインターネットに絡んでくる部分かもしれませんが、その自然な口コミも、実際に店舗に行ったお客さんから発信されたものとなります。店舗に来たお客さんは、一体どのようにしてその店舗に来ることになったのでしょうか?慎重になったお客さんはまず、インターネットであなたのお店、つまりHPに行ってみようと考えるはずです。
実際のお店に行く前に、仮想空間のお店に行ってみるという行為は、気軽にウィンドウショッピングをする感覚に近いかもしれません。ウィンドウショッピングをしているお客さんを集客するには、お店の装飾や看板、オープンな雰囲気などの工夫が重要になってきますが、仮想空間でウィンドウショッピングをしているお客さんを集客するのも、同様にお客さんがつい足を止めたり、店舗内に足を踏み入れるきっかけを作る必要があります。それがインターネット上のバナー広告であったり、お店が取り扱っているコンテンツを求めているお客さんに向けたリスティング広告です。WEB広告を行うことで、実際の店舗に訪れる前の仮想空間の店舗へ誘導する事ができます。

手紙を書いてアナログな飲食店舗集客を

昨今の飲食店舗の集客方法の主な手段は、ネット環境を駆使した宣伝活動が主になっていきています。
様々な方法で、集客宣伝をされていることでしょう。
宣伝費用もピンキリですが、ホームページ作成など費用がかかる割には、いまいち集客につながっていないことも多いのではないでしょうか。
そんな今の時代だからこそ、今一度ご自身の過去を振り返り、周りの人間関係に目を向けてみることをお勧めします。
久しく会っていない友人などいませんか?
またお世話になった昔の職場の上司や同僚など思い当たらないでしょうか。
そのような周りの友人、業者関係者、過去の職場の同僚などに目を向けて、挨拶がてら店舗の近況報告を兼ねた手紙を送ってみるのです。
できれば、手書きをお勧めします。
手紙は書くのには時間がかかりますが、心を込めて書くのがポイントです。
費用は、郵便料金程度で安く済み経済的です。

時間をとれないなら、メールでも効果はあるでしょう。
そのような過去に繋がりのあった人々は、一見のお客様とは違い、あなたの店舗を気に止めてもらえる人々です。
集客効果は大きく期待できます。
そして来店していただくことができたら、その方のお友達や家族と一緒に来店していただける確率も上がるのではないでしょうか。

店舗集客に活用できるのは0円で始めれるSNS

店舗経営で最も重要な課題は集客率をいかに上げるかという事に尽きます。
店舗に集客する為には、人に知ってもらうしかありません。
人に知ってもらうには広告を出す事ですが、広告を出すにはお金がどうしてもかかってしまいます。
新聞やフリーペーパーまたやCMなどは非常に高額な費用が掛かってしまい、集約が増えても費用対効果が低くなります。
そこで、効果的なのはSNSを活用する事です。
SNSは多種多様で、FacebookやTwitterなどは無料で店舗の宣伝を行う事ができます。
しかし、あからさまな集客目的の投稿をすると人は振り向いてくれません。
集客とは関係ありませんが、店を知ってもらうという視点で毎日投稿や紹介をする事を心掛けるのが重要です。
サブミナル効果の様に、毎日投稿されていて毎日更新されている自然と見て覚えて集客につながります。
昨今では、SNSを活用するのが若者世代だけではありません、ミドル世代やシニア世代もSNSを十分に活用しています。
そんな全世代が活用しているSNSを活用して、店舗の紹介を行う事が宣伝に繋がり最終的には宣伝につながります。
まずは、毎日更新を行ってください。
それも、店の商品の紹介や割引セールなどの紹介ではなく、毎日紹介するコンテンツを決めて紹介する事が大切です。
そして、それを継続していく事も重要です。
元々0円なので、時間をかけて集客につなげていきましょう。

Recommend Posts

スマホ画面の様子

集客に悩んでいるなら店舗のSNSを活用しよう

様々な店舗を運営するにあたって、いかに集客をしていくかは永遠のテーマです。本屋を覗けば、集客を…

オッケーポーズをする

Googleマップは店舗の集客力強化に必須の無料ツール

飲食店や小売店などお客さんが店舗に来て初めて収入になるビジネスにとって、集客力の強化は何よりも…

指を立てる男性

店舗の集客を目指すならその店に行きたくなるような動機を考える

どんなことでも人を集めることは大変なことです。店舗の集客となればなおさらのことでしょう。お店に…

長蛇の列ができる

美容院オープンに向けて考えておきたい店舗集客の方法

街に必ずたくさんある店舗のひとつに、美容院があげられます。髪が伸びた場合に利用するお店でもあり…

TOPへ